屋根塗装の基本知識

屋根塗装とは、屋根材に塗料を塗布する作業で「塗り替え」とも言われている最も手軽な屋根のリフォームです。

塗装可能な屋根材は、セメント瓦、ストレート系、金属系で、表面も下地もそれほど傷んでいない場合に有効です。

下地材まで傷んでしまっている場合は、屋根塗装ではなく葺き替えに切り替えたほうがいいようです。

屋根は家屋の一番高いところにありますから、普段、目に入ることはめったにないため、劣化の進みを見落としがちです。

しかし、屋根は外壁同様、紫外線、熱、風雨を直接受ける環境に常にさらされていますから、家中で最も傷みやすい箇所の1つなのです。

屋根の劣化や傷みに気づかずにいると、屋根に穴があいて雨漏りだけではなく、カビや腐りが起こる原因にもなります。

トタンは3~4年、セメント瓦は6~7年、ストレートは7~8年を目安に、表面の変色、サビ、塗膜のはがれ等の有無を確認し、屋根塗装を行なうといいでしょう。

このように早かれ遅かれ屋根塗装は必ず行わなければいけないものです。

ご自身の家がどのタイプに当てはまるかチェックし、屋根塗装について考えていきましょう。
※関連資料を紹介【屋根塗装いっぱい情報:http://makemoneyinfreelancing.com/】(計画だてて行う事が大事です)

Comments are closed.